酵素に、なぜダイエット効果があるの?

もともと、人間の体にはある一定量の潜在酵素があり、食べ物の消化吸収と新陳代謝に使われています。酵素には人間の体内で作られる消化酵素と代謝酵素、そして、生野菜などの食材に含まれる食物酵素の3種類があります。それぞれの酵素の働きを簡単に説明しましょう。

消化酵素
人間の体内で食べ物を消化・分解し、必要な栄養素を体に取り込む働きをします。
代謝酵素
消化酵素で分解されたエネルギーを体内で働かせます。呼吸、老廃物の排出、肌の新陳代謝、免疫力など人間のあらゆる生命活動に役立てられます。
食物酵素
生野菜や果物、発酵食品に多く含まれる酵素。消化を助け体内の消化酵素の分泌を抑えます。
なぜ効果的なの?消化酵素、代謝酵素のもととなる体内の酵素の量は決まっているので、消化が活発になり消化酵素を多く消費してしまうと代謝にまわる酵素が足りなくなってしまいます。そこで、消化を助ける食物酵素を多く摂ることで消化酵素の消費を抑え、代謝酵素に余裕を持たせることで、代謝が活発になるのです。

代謝が活発になるということは、エネルギーを消費するということですから、特別なことを何もしなくてもカロリーを消費することができるのです。つまり、それが『痩せやすい体質』ということになります。

酵素をたくさん補給して痩せやすい体質に改善されれば、ほんの少し摂取カロリーをカットしたり運動をしたりすることで、大きなダイエット効果が期待できるわけです。体質改善から導かれたダイエット成果ですから、リバウンドの心配がないので、長く続けることでさらに高い効果も期待できるのです。